屋上を緑化することでエコな生活をしていく

大きなメリットがある

最近、会社やデパートなどでも屋上緑化に取り組むところが多くなってきました。屋上緑化することによって、さまざまなメリットを生み出すことができます。

屋上緑化でよく取り上げられることがあります。それは地球温暖化を防ぐことです。植物が多くあれば、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素を取り込んでくれて、酸素を出します。これで温暖化防止に役立ちます。

企業の屋上やデパートの屋上などに見られるようになっていまして、これが一般家庭でも広がっていくことで、さらなる地球温暖化防止になるでしょう。

そして、屋根の部分に植物があることで、熱い夏場は太陽の熱を和らげてくれます。冬に関しては建物の熱を逃さなくなります。これで夏場はエアコンの効きがよくなりますし、冬場はそれほど暖房に頼らずに生活できます。省エネルギーの生活ができるでしょう。

ストレス発散にもつながる

屋上緑化を取り入れることによって、エネルギー関連ではいろいろなメリットを得ることができますが、それだけではありません。

屋上に緑があれば、仕事の合間にその緑を眺めに行くことも可能でしょう。人間は緑に触れることによって、ストレスを発散することができます。ストレスがたまった時に自然に触れやすい環境にいれば、仕事の効率も上がるでしょう。

自宅にもできるだけ多くの緑を取り入れるとよいでしょう。

さて、屋上緑化に向けてはどんなものを植えるのが良いか、特に指定はなく背の高い木でも背の低い木でも芝生でも花でも大丈夫です。

屋上緑化は芝生や樹木を建物の屋上に植える行為ですが、住宅で行う際は観賞用の植物ではなく野菜や果物の木を植えることがあります。特に果物は毎年の収穫が可能なので、緑化と実用的な利益が両立出来ます。