煮崩れしやすい食材もお任せ!煮物に欠かせない落としぶた

落としぶたは何のためにあるか

落としぶたは使う鍋の口径よりも1周り程度小さいことから、食材の中に直接入れて使います。食材の上部がうっすらと見えるひたひたの水加減で煮る際、食材が動いて煮崩れるのを防ぐ働きがあります。芋や根菜類の煮物を作るのに便利です。均等に加熱できたり、味をしみこませたりする効果もありますし、煮汁の蒸発を防ぎながら、鍋の周囲の隙間から臭みを空気中に逃がすことも可能です。魚の煮付けを作る際には、臭みが残りにくく食べやすくなるでしょう。

どの素材を使うのがおすすめ?

昔ながらの落としぶたには木製が多いです。軽いので煮て柔らかくなった食材をつぶす心配がありませんが、浸け置きが必要ですし、外気に当てて乾かす必要があります。臭いが付きやすかったり、カビがでてしまったりすることがあり、慣れないと手入れが大変でしょう。アルミやステンレス製の金属製の物は、軽くて丈夫で汚れも落としやすく手入れが簡単です。ただし、食材に金臭さが移ることもあるので、長時間煮込む場合には気をつけてください。近頃ではシリコン製の落としぶたも人気です。手入れはスポンジと洗剤で落とせるので非常に楽ですが、淡い色の場合は、煮汁が色移りすることもあります。使ったらすぐに洗うか、洗い桶に浸すようにしましょう。

手持ちのキッチングッズで代用する方法

落としぶたがないなら、アルミホイルやキッチンペーパーで代用することも可能です。鍋の口径よりも少し小さめに切って、ハサミなどで切り込みを入れて穴を空けるだけで構いません。穴があると煮汁が全体的に回りやすくなるので、放射状に空けるといいでしょう。使い捨てになるので、頻繁に煮物や煮付けを作る場合は、専用の落としぶたを揃えた方が良さそうです。

キッチン雑貨は100円均一ショップで買うという人がいますが、さらにクオリティの高いものを求めるなら、大型家具店の雑貨コーナーを利用するのがいいでしょう。