ビジネスマンの必須アイテム!仕事に使える時計のポイント3選

仕事の内容に合うような時計を選ぶ

ビジネスマンとして欠かせないアイテムが時計です。時計ならどんなものを身につけていてもいいというわけではありません。仕事の内容に合わせたものを選ぶのが賢い判断と言えるでしょう。例えば営業マンが派手でファッション性の高い腕時計を身につけていては交渉が上手く進まない可能性があります。営業マンであれば、どんな相手に営業するのかという部分も考えましょう。一般家庭に行くのであればシンプルで高すぎないものがオススメです。富裕層を相手にするのであれば見下されないように高級なものを身につける方が良いでしょう。

年齢に見合った時計を探すのも良い方法

時計には年齢に見合ったものを選ぶという考え方もあります。10代や20代の新入社員が高級な腕時計を身につけていれば、上司や同僚が良い気持ちにならずに自分への態度が厳しくなるかもしれません。買えるお金を持っていたとしても控えめな腕時計を身につけておく方が賢明です。50代や60代の方であればシックな雰囲気の腕時計や高級な腕時計を身につけておくべきでしょう。50代や60代の方が安物の腕時計を身につけていれば、お金に余裕のない人として見られやすく仕事への悪影響も考えられます。このように年齢によって人からの見られ方が違うので、その部分を考慮して購入することで良い効果が生まれやすくなります。

ビジネスとプライベートで使い分ける

仕事で扱う時計とプライベートで扱う時計は分けておく方が良いでしょう。プライベートで時計を身につけている場合は遊んでいるときに時計に傷をつけてしまう場合や破損してしまう場合があります。仕事とプライベートで同じ時計を扱っていると時計を壊してしまった場合、仕事中に扱う時計がなくなってしまいます。

IWCの魅力とは、職人魂を感じさせる新しいものにチャレンジする姿勢と、古いものを大切にする気概の融合です。